読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お気楽☆建築士の住宅問答 blog

家創りからリフォーム・リノベーション、維持監理、生活の工夫まで気ままに書き連ねた建築設計士のブログ

アイリスオーヤマ「緊急地震速報機 EQA-001」を使ってみた

住宅デザイン 住宅の防災

緊急地震速報を上手にお安く利用するにはどうしたらいいですか?

緊急地震速報を個人住宅で利用する方法が増えてきましたね。NTTの有料のサービス「緊急地震速報 フレッツタイプ」ではインターネット回線を利用したサービスが月額525円で利用できる様になりました。ウェザーニュースでは会員(月額315円)向けにパソコンで利用する「個人向け緊急地震速報 The Last 10-Second」を提供しています。

それでも、月額料金が掛かる、設置場所に制限(回線の有る所)、専用の機械の購入やパソコンの電源が切れないなど微妙に引っかかる所がありどうしようかと迷っていたのですが、アイリスオーヤマ緊急地震速報機 EQA-001」発売で全て解決。早速予約購入して使ってみました。購入価格は6640円と格安です。

「緊急地震速報機 EQA-001」の価格・仕様を販売店で確認

この「緊急地震速報機 EQA-001」要はFMラジオなんですね。普段はラジオがOFFになっていますがFMラジオで震度5弱以上の震度が予想される場合に緊急地震速報が放送されるとそのチャイム音を検出して本体のFMラジオのスイッチ・ボリュームをONにする仕組みです。いやはや実にアナログです。

設置方法も簡単で付録のラジオ局ガイドから居住地のFM放送の周波数を裏面のチューナー設定ボタンで入力して速報時のボリュームを設定するだけで終わりです。セットするFM局は民放でもNHKFMでもどちらでも良いのですがNHKの場合では全国のどこで起きた地震でも速報が発表される為に居住地とは関係の無い地震でも速報が流れてしまうそうです。

民放にセットすれば居住地の速報が流れるのですが、一部地域は地元の民法緊急地震速報に対応していない為にNHKでの受信や近隣都道府県のFM局にセットする必要があります。

民放緊急地震速報未実施・予定無しの都道府県、H21年現在:青森・茨城・奈良・和歌山・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄だそうです。)

ちなみに緊急地震速報の放送内容はこんな感じになるそうです。

                                                                                                                                                                          • -

緊急地震速報のチャイム
[ 緊急地震速報です。xx県で地震。次の地域は、強い揺れに警戒してください。xx県。oo県。 ]
[ 緊急地震速報です。xx県で地震。次の地域は、強い揺れに警戒してください。xx県。oo県。 ]
[ 緊急地震速報でした。 ]

                                                                                                                                                                          • -

残念ながら居住地での震度はわかりません。震度5弱以上の揺れの予想される県名が速報されます。居住地の震度や地震の揺れまでの残り時間を知りたい場合はインターネット回線等を利用した有料のサービスに申し込むほうが良いですね。

また、当然の事ですがFMラジオが受信できない地域ではこの緊急地震速報機は使えませんので購入前にFMラジオが明瞭に受信出来るか確認をしてくださいね。本体にはリード線のアンテナは付いていますが室内で使用しますので設置予定の場所でFMが受信できるかも確認した方が良さそうです。あと、緊急地震速報を実際に受信しないと動作しないので残念ながら動作テストが出来ないのと試験放送などで報知音が放送された場合でもで残念ながら動作してしまうのがちょっと気になりますね。

しかしながら、電源が有りFMラジオが受信出来るのであれば家中どこでも設置可能と言う汎用性の高さは素晴らしいですね。インターネット回線が無い方でも利用できますし、FMラジオですから月額料金も掛かりません。必要なのは電気代が月に9円だけです。

普通にテレビやラジオなどでも緊急地震速報は発表されますが就寝時などでテレビやラジオなどをOFFにしている時は聞き逃してしまう恐れがありますし、地デジテレビでは放送データーの圧縮・解凍で5秒くらいのタイムラグがあり速報が遅れてしまいます。地震速報で5秒遅れは震源が近い場合は影響が大きく間に合わない場合も考えられます。

この日記の管理人の居住地では東南海・南海地震への対策を取る必要があります。これらの地震は海溝型地震ですから地震波の到達まで震源の位置によりますが発生から到達まで30秒〜70秒程度かかります。地震速報を受信した後でも案外猶予時間があり対処できる可能性が高く「緊急地震速報機」を利用する事は十分に意味がありますね。

ちなみに緊急地震速報を受信したら何をしたら良いかは気象庁のホームページの「緊急地震速報を見聞きしたときは」を参考にしてください。

緊急地震速報を上手にお安く利用するにはどうしたらいいですか?」

「インターネット回線を利用したものやFMラジオを利用したものなどいろいろありますのでご自分の利用状況に合わせて検討してください。」


 楽天で【緊急地震速報機】を検索

■■■ このエントリーの関連記事 ■■■

木造住宅の耐震診断と補強方法の12年改訂
住宅の基礎鉄筋センサーを使ってみました
4寸角柱の隅柱と通し柱の話
補助金額より高い補助金申請料!?
4寸角(12cm角)の柱の話
耐震補強は部屋が狭くなる?
震度8の大地震って・・・
地盤改良を安く済ますには?
基礎巾15cmの話

【外部リンク】 地震対策と耐震補強(在来木造編)