読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お気楽☆建築士の住宅問答 blog

家創りからリフォーム・リノベーション、維持監理、生活の工夫まで気ままに書き連ねた建築設計士のブログ

耐震補強は部屋が狭くなる?

耐震補強
耐震補強の工事をすると部屋が狭くなるって聞くけどそれ本当?

耐震補強工事をすると部屋がせまくなるんじゃないかと心配されるお客さんが案外多くて、なにか物凄い、例えば部屋の中に鉄骨を組む様な工事を想像しているのかななどと考えてしまいます。

木造住宅の耐震補強は不足している耐力壁(地震の揺れに抵抗する壁のこと)を現行の建築基準法が求めている性能に強化したり増やしたりする工事ですが、築30年といった古い木造住宅は今の基準から見ると性能を満たしていない耐力壁やそもそも耐力壁になっていない普通の壁で構成されています。ひどい時は全く耐力壁が施工されていない事もありますし、筋交いなどを使い始める以前の建物には当然ながら筋交いは付いていません。

耐震補強では、これらの建物を今のルールや施工方法を駆使して耐力壁を強化したり増やしたりします。

今のルールや施工方法で補強しますので補強が終われば最近の新築の建物と同様の耐力壁を造ることになりますが、今の新築の建物の部屋は特に狭くなっていませんよね。また、木造住宅の耐震補強工事の場合では内装や外壁のリフォームを一緒にすることが多く、内装を明るい印象の物に替えるとか、窓を新たに設置するなどのリフォームで部屋が広くなったと感じる事のほうが多いです。

「耐震補強の工事をすると部屋が狭くなるって聞くけどそれ本当?」

「場合によっては壁が1cmほど厚くなってその分狭くなる事もあるけど、壁紙を新調するとか明るい印象の部屋にすると今までより広くなった様に感じるから不思議だね。」

■■■ このエントリーの関連記事 ■■■

「アイリスオーヤマ「緊急地震速報機 EQA-001」を使ってみた
木造住宅の耐震診断と補強方法の12年改訂
住宅の基礎鉄筋センサーを使ってみました
4寸角柱の隅柱と通し柱の話
補助金額より高い補助金申請料!?
4寸角(12cm角)の柱の話
震度8の大地震って・・・
地盤改良を安く済ますには?
基礎巾15cmの話

【外部リンク】地震対策と耐震補強(在来木造編)