読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お気楽☆建築士の住宅問答 blog

家創りからリフォーム・リノベーション、維持監理、生活の工夫まで気ままに書き連ねた建築設計士のブログ

ホームセンターの石を積んでみました 【その2】

ホームセンターの石を敷いてみた感想を聞かせてください。

ホームセンターで買ってきた石の特徴は「ホームセンターの石を積んでみました【その1】」のエントリーでも書きましたが、石の寸法精度が悪く積み上げて使うには苦労させられるといった事ですが、今回は平石を地面に置くだけで周囲を小石を敷き詰めますので、石の寸法精度の悪さの影響も少なく簡単です。

今回は厚みが5〜6cmのサイズが60cm×30cmの平石を2枚、30cm×30cmの平石を2枚ほどを敷くので石の厚み分の土をスキ取って、石を置く場所の下土をさらに5cm程度掘ったその土にインスタントモルタルの粉を混ぜて地盤改良完了。

(まあ、今回は人が乗るだけですので地盤の処理は簡単に済ましても問題はありませんが、車等の重い物が乗る場合はそれなりの地盤改良が必要になりますよ。)


平石の位置が決まったら周囲にホームセンターで買った白い玉砂利を敷き詰めます。使った量は10袋ほどで材料代にして4500円ほど、結構量が必要ですがケチらずに多めに撒きましょう。ちなみに平石は60cm×30cm×6cmの錆御影で1枚1000円ほど30cm×30cm×6cmのの錆御影で1枚600円ほどでした。

材料が結構な量になりますが、最近では、軽トラックの無料貸し出しをしているホームセンターも多く利用出来るとと車を汚さずに済みます。

ところで、平石も6cmの石材じゃなく3cmとかの厚みの石を使えば平石も軽く、玉砂利の量も減って楽チンそうに思うかも知れませんが、軽い(薄い)平石だと人が乗った時に平石が動いてしまったり、浮き上がったりしやすくなります。また玉砂利は敷き詰める厚みが大きいほど荷重を分散する効果が大きくなるので、薄く敷くと人が乗った際に地面に玉砂利がめり込みやすくなってしまいます。

という事ですので、今回の様にしっかりした地盤改良をせずに石を敷き詰める場合は、材料の重さや厚みは大きめの物を使うと良さそうです。


「ホームセンターの石を敷いてみた感想を聞かせてください。」

「寸法精度の影響の無い敷き方なら全く問題無しです。大きめ、多め、重めの石を使うと失敗が少ないですね。」

 楽天で【玉砂利】を検索

■■■ このエントリーの関連記事 ■■■

すだれの効果を確認してみました
すだれを取りつける物干し竿受けを自分で取り付けてみました
納戸の上下窓に簡単断熱内窓を自作してみました
究極の格安照明器具を使ってみました
ポリカーボネート中空板を使ってみました
ホームセンターに石を買いに行きました
ガラスブロックを使ってみました
船舶灯を使ってみました
通販で買ったエゴノキを自分で植えてみました【植付け】