読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お気楽☆建築士の住宅問答 blog

家創りからリフォーム・リノベーション、維持監理、生活の工夫まで気ままに書き連ねた建築設計士のブログ

通販で買ったエゴノキを自分で植えてみました 【植付け】

通販で買った庭木を自分で植えても大丈夫?

家創りは何かと思わぬところでお金が出て行くもので、いざ「庭木を植えるぞ」となった時には予算は残って無いなんて事が往々にしてあります。大きくて形の良い庭木はけっこうなお値段ですし、植木屋さんの植え付け工賃や庭木が枯れてしまった場合の保証分の費用なども案外高く付きます。そこで、「予算は無いけど時間はあるよ」という人なら思い切って庭木を苗木から育ててみてはいかがでしょうか。

さて、写真の苗木が今回通販で購入した「エゴノキ」の高さ1.6mの株立ちの苗木です。価格は送料込みで6千円程度、上手く育たなくても被害は少なく済みます。「エゴノキ」は落葉樹ですから植え付けの時期は、葉の無い時期が良いらしく11月〜2月ごろに品揃えが豊富になるようですね。

ですので、11月に購入して届いた「エゴノキ」も丸はだかです。はっきり言って素人にはトテモ不安です「やっぱ枯れてるんじゃないの・・・」という思いが脳裏をよぎります。


ところでこの「エゴノキ」ですが、最近ではシンボルツリーとして住宅の庭木に植えられているのをよく見ます。元々は雑木ですので樹勢は強くて丈夫、とても育てやすい木だそうです。また、剪定などもあまり必要がなく放置していても案外美しい樹形に仕上がるらしく苗木から育てるには最適ですね。(トコトン時間を掛けても良いなら公園で種を拾ってきて苗を育てる事もできるそうです。)花は5月始めごろ、小さな下向きの白い花をいっせいに咲かせます。花の咲く期間は短いですが若葉の緑に白い花が映えてとても良い感じです。


そんな「エゴノキ」の苗木を箱から取り出し、あらかじめ土を作っておいた植枡に苗木を麻紐の根巻きごと置いて土を被せて水をタップリあげます。最後に簡単な支柱をくくり付けて出来上がり。ここまでおおよそ15分で終了。上手くいったかどうかは半年後の春までわかりません。

いったん根付くと成長の早い「エゴノキ」ですが、冬の間は全く変化無し。(当然ですね)成長すると6m〜7m程度の高さになるそうです。


ところで我家のシンボルツリーとして「エゴノキ」を選んだのには手入れや世話が楽な事意外にも訳があります。

まずは日当たり、今回の植え込み場所が建物の西側なので太陽は半日しか当りません。エゴノキは日当たり〜半日陰の場所を好み、地面が乾きすぎるのは好みません。また、「エゴノキ」は落葉樹ですので夏は西日を防ぎ、冬は落葉して日光を部屋へ招き入れる日差しの調整装置としての機能にも期待しています。(今のサイズではしばらくは役に立ちませんが・・・w)

と、ここまでが去年の話、4月初旬には、新芽が膨らむのをどきどきしながら眺めていましたが4月下旬には若葉が無事生えて来ました。そして5月中旬には、なんと花が咲きました。小さな花が4つだけではありますが、今年は咲かないだろうと思っていましたのでとても嬉しいですね。


これからの成長も楽しみです。


「通販で買った庭木を自分で植えても大丈夫?」

「植木屋さんで植え付けてもらうと根付かなかった場合などでも保証してもらえたりして安心だけど、失敗を気にしない、時間をかけてじっくり取り組む余裕があれば庭木を自分で育てるのは楽しいと思うよ。」

エゴノキ 楽天で【エゴノキ】を検索

シンボルツリー 楽天で【シンボルツリー】を検索

■■■ このエントリーの関連記事 ■■■

通販で買ったエゴノキを自分で植えてみました【1年後】
葡萄(ぶどう)のグリーンカーテンに挑戦してみました【その1】 
この夏西洋朝顔ではグリーンカーテンに挑戦してみました【その1】
小さな物置を自分で組立ててみました
ホームセンターの石を積んでみました(その1)
ホームセンターに石を買いに行きました