読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お気楽☆建築士の住宅問答 blog

家創りからリフォーム・リノベーション、維持監理、生活の工夫まで気ままに書き連ねた建築設計士のブログ

建築資材をネット購入で安く仕入れてみた

住宅の値段
建築資材をネット購入で安く仕入れる事はできますか?

最近ではインターネットやホームセンターなどで簡単に建築資材を手に入れる事が出来るようになりました。しかも、全てがそうでは無いのですが、ネットやホームセンターで仕入れた場合に一般的な建築資材の購入ルートより安い場合がけっこうあります。

ただ、品物によっては品質に大きな差がある場合があったり、送料などを考えると割高だったりする場合もあったりするのでよく検討しないと損なのか得なのか解らない事も多く、建て主さんの為にちょっとでも安くしたいと考える設計者にとっては悩ましい話です。

品質には差が無いのに、仕入れルートで大きく価格が異なる資材の1つが写真の「丸型換気フード」。

この丸型フード、換気扇メーカーの部品として購入すると見積書には1個3600円くらいで見積もりが上がってきます。換気フードとしてだけでなく小屋裏換気の換気口などにも利用すると住宅1棟で12個くらい使います。

3600円×12個ですから43200円と消費税2160円で合計45360円掛かる見積もりですがネットでしらべるとなんと1個650円で売っているのを見つけてしまいました。650円×12個+送料800円で8600円です。

換気フードの接続径は100mmとか150mmとかの規格品ですので径さえ間違わなければ問題なく取り付きます。ステンレスの素材が若干違うのかも知れませんが、特に問題はなさそうです。

早速、建て主さんにご自身で購入して現場に支給して頂き、その浮いた分の費用を完成時に清算しました。これで36760円の費用が浮いた訳です。

だだし、こう言った工事費用の調整が出来るのは元の見積もりで換気フードの価格と数量を明示して積み上げて見積もってあるから出来るのであって、見積もりが坪○○円といった契約で見積もってある場合はこういった調整はできません。

設計事務所で建てる住宅ならではのお話です。


「建築資材をネット購入で安く仕入れる事はできますか?」

「同製品でも販売ルートで価格が大きく異なる場合もありますのでネットを上手に利用してください。ただし最初の見積もりで工事価格が明示されてない場合は注意が必要です。」

アルミ換気フード 楽天で【丸型換気フード】を検索

■■■ このエントリーの関連記事 ■■■

リフォームの設計を頼んでみよう
平屋と2階建はどっちがお得?
建築資材をネット購入で安く仕入れてみました
ローコスト坪○○円と宣伝する会社をいじめてみる
坪単価、この建物は割高?それとも割安?
ローコストの24時間換気システムを付けてみました